TLショップは女装子と女子が運営する女装男子のための通販ショップです。

AID ITEM女装初心者応援アイテム

応援アイテムは全商品、通常商品に比べて、10%以上の割引価格にて絶賛販売中!!

  • 女装初心者メイクセット
  • 全身セット
  • 女装ビギナーのトライアル!ピヨピヨ自撮り 7点セット

PICKUP ITEM売れ筋商品

女装講座

NEW ITEM新着商品

お知らせ

お知らせ一覧

安心して買い物できるこだわりのポイント

女装とは|TLショップで通販を楽しむ前に女装を知る

そもそも女装とは

女装というのは、男性が女性のような恰好をすることを指します。歴史的な観点から見れば、さまざまな理由で男性が女性のような恰好をしている、もしくは女性になりきるといった文化がありました。最近になってメディアでも取り上げられるようになりましたが、新しい文化というわけではないのです。

女装が流行して「女装男子」が急増中?

SNSの発達によって、世間には「女装男子」と呼ばれる人が増えつつあります。それに伴い、女性と見間違うくらい変身してしまう男性も多く現れています。彼らは自宅で女装をしてスマホのカメラで写真を撮ってSNSにアップすることを中心としています。中には、「女装コスプレ」というジャンルもでき始めており、女性キャラクターのコスプレを男性が行い、その写真をSNSに投稿してたくさんの人に見てもらうことで、「女装コスプレイヤーのファンだ」という人も増えています。

女装男子と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。例えば、コスプレ感覚で着替えて自宅だけで写真を撮る人や、女装の姿のまま旅行に行って写真を撮る人、キャラクターのコスプレをしてイベントに参加する人など、さまざまな場面で女装を楽しむ人がいることが分かります。

特に最近はメイク技術と携帯電話のカメラの性能が高くなっているので、気軽に撮影して疑似的に変身を楽しめるのが流行のきっかけにもなっていまです。もう一つの理由としては、イベントの増加です。女装をするきっかけはアニメやゲームなどのイベントでコスプレをしてみた、というものがあります。一昔前になると、こういったイベントも少なかったのですが、近年では月に一回以上はコスプレが出来るイベントが開催されているので、お披露目する機会が増えたのも女装が流行する理由だと言えるでしょう。

女装する人がテレビに出ることで認知度が増した

最近テレビ番組にはさまざまなタレントさんが出ていますが、その中でも一層目を引くのが「女装家」と呼ばれる人たちです。画面映えする派手な衣装や、メイク、そしてインパクトのあるキャラクターで一度見たらすぐに覚えてしまうでしょう。この女装家も、現在の女装ブームのきっかけになっているようです。テレビはたくさんの人に影響を与える存在です。公共の電波に乗せて「女装することがなんらおかしいことではない」ということを示すことで、こっそりと女装を楽しんでいる人に自信を与えたのです。

そして最近のテレビでは、女装男子のことを取り上げることが増えてきました。それをきっかけに女装に興味を持ち、まずは簡単な衣装から始めてみる男性もいるようです。これまでにも女装に興味のある人が「自分以外にも女装をしたい男性がいるんだ」と後押ししてもらえるので、テレビで女装男子を取り上げることは悪くはないでしょう。しかし、中には偏った報道をするものや、否定的に特集していることもありますので、鵜呑みにしないことも重要です。

社会的に女装はどういった認識なのか

現代の日本では、まだまだ「男性は男性らしく、女性は女性らしく」という考えが根強くあります。一番顕著な例としては、学校の制服ではないでしょうか。女子と男子でまったく違うデザインの制服や、ズボンとスカートである時点で大きな違いがあります。

女装も日本では認知度が深いとは言いがたいのが現状です。「男が女の恰好をするなんて」と批判的な人も少なくありませんが、近年では「いいじゃないか」と言う意見も少しずつ増えてきています。そもそも着る服の選択や、自分の飾り方は個人の自由であり、他人が指図することではありません。(もちろん、女装を悪用した犯罪などは論外です)

男性が女性の服を着ても、逆に女性が男性の服を着ても罪にはなりません。「女装が趣味な男性もいる」ということは現在、徐々に浸透しつつありますが、まだまだ異色なものとして見る人が居るのも事実です。差別的な視線を受けないためには、世間一般が「女装趣味は個人の自由だ」と言う意識になればいいのです。それにはやはり、女装をした人がコソコソするのではなく胸を張って堂々としているのが一番でしょう。誰かに迷惑をかけていないし、悪い事をしているわけではありません。女性は特に女装男子を受け入れやすい人が多い傾向にあるので、メイクや服装の相談をしたり、一緒にお買い物に付き合って貰ったりするのもいいでしょう。

女装にもジャンルがある

「女装」と聞いただけで「ソッチ系の人?」「変態なの?」なんてあらぬ誤解を生んでしまった経験が、女装を公言した人にはあると思います。しかし、女装する目的は人それぞれで、一概に言い切れるものではありません。

女装子、男の娘、ニューハーフは全く別のジャンル

女性の恰好をした人をひとまとめにして「女装子」と言ったり、「男の娘」と言ったり、「ニューハーフ」と言ったりしている人がいますが、これらは全て別のジャンルの言葉です。特に女性から見ると、「女装している男はみんな同性愛者」なんて偏見を持っている人もおり、何かしらの差別的扱いをされたことのある人もいると思います。

まず「女装子(じょそこ)」は、女装をした男性のことを指しますが、ここに「ニューハーフ」や「男の娘」が含まれません。

次に「ニューハーフ」は性転換した男性、もしくは心は女性である人のことを指しますので、女性の服を着ることが当たり前で「女装」という扱いではないのです。

最後に「男の娘」は、もともとの語源は女装をしなくても女の子のように見える男性のことを指しています。この人たちの中には、男性の服を着ていても「男装した女性」にしか見えないほど中世的な顔をした人がいます。しかし最近では女装が好きな男性の事も「男の娘」と呼ばれるようになっています。

こうしてみると、実は三つとも別のジャンルであることがわかると思います。重要なのはこの三つとも「同性愛者ではない」ということです。女装子の場合は、同性愛者であることもありますが、女装をするのが好きで、性癖はノーマルな人もたくさんいます。ニューハーフの場合は、心が女性なので異性の対照は男性です。男の娘は見た目が中世的なだけで、普通に女の子が好きだと言う人がほとんどです。

女装とドラァグクイーン

なかなか聞き覚えのない言葉「ドラァグクイーン」。一言で言えば「パフォーマー」のジャンルになります。女装子は、日常生活において、女装をして楽しむ目的に対し、ドラァグクイーンは、女装をしてパフォーマンスをする人を指します。聞き覚えのない言葉かもしれませんが、テレビに出ているオネェタレントさんにもこのドラァグクイーンの人はたくさんいます。大きな特徴としては、メイクが濃かったり、衣装が派手であることです。パフォーマーですので、目を引く恰好をしています。

女性のパロディといった概念がありますが、ドラァグクイーンになれるのは男性ばかりではありません。海外では女性のドラァグクイーンもいます。大義名分としては「女性の美しさを主題にしたショー」で、誰でもやることができるので、「性の隔たりを感じさせない世界」だとも言われています。日本でも歓楽街を中心にドラァグを楽しめるお店も増えてきており、女性にも男性にも人気が高いジャンルになっているのはテレビでドラァグ出身の人がたくさん出るようになってきているのが大きな要因ではないでしょうか。

女装とGID(性同一障害)

女装をする男性の心理の中には、GIDが原因になっている人も少なくありません。GIDとは、性同一障害のことす。男性の身体で産まれながら女性の心を持ち、幼少の頃から自己意識の中で気づく人もいれば、大人になって気づく人もいます。

とてもデリケートな問題ですが、現在は病気の診断や裁判所の判断も公にされるようになりましたので、世間的にも認知されてきています。また、それには女装が深く関わっている場合が多くあります。GIDの人の中には女装をすることで、「自分は女性である」と視覚的な意識を高め、心のストレスを軽減させているのです。GIDの男性は女性の恰好をするのが当たり前である一方、体が男性であることがどうしても許し難いのに、その男性の格好のまま女性の服を買いに行かなければいけませんでした。しかし、現在ではインターネット通販などで女装アイテムを気軽に購入できるので、精神的にもストレスが軽減し、幅広いおしゃれを楽しめるようになりました。

女装するコスプレイヤーとおねえ

コスプレをきっかけに女装に目覚める人が増えてきていますが、中には「オネエなの?」と勘違いする人が増えています。女装をしている人が全てオネエというわけではなく、オネエはそもそも「女性言葉を使って、女性のような恰好をする男性」といった意味合いがあります。細かなところは人によって分かれていきますが、「女装コスプレイヤー」=「オネエ」ではありません。

そもそもコスプレイヤーとオネエでは目的が違います。オネエの場合、同性愛者だったり女性のようにふるまうことが好きな人ですが、コスプレイヤーは、題材とするキャラクターになりきることが目的です。女装コスプレイヤーの男性は、好きなアニメやゲームなどの女性キャラクターに変身する目的で女装をしています。「普段は女装なんてしないけれど、コスプレは別」という人もたくさんいます。アニメやゲームを取り扱ったイベントにはそういった趣向の人が大勢集まっています。

女装行為のあれこれ

女装をする人にはそれぞれのこだわりがあります。どの部分を大切にするかで個人差が分かれ、同じジャンルの人でも異なったスタイルの女装を楽しんでいます。これは、普通のファッションと同じ感覚で、カジュアル系が好きな人もいれば、女性らしいフェミニン系が好きな人がいるのと同じです。

女性の下着だけを着ける、見えない場所でこっそり女装

女装は外見の衣装ばかりではなく、下着を楽しむ人が数多くいます。女性用の下着を着けることで、「自分は今女装をしている」と自己暗示をかけている場合もあります。
また、女性ものの下着は、男性ものよりも身体にしっかりフィットするタイプなので、その締め付け感に快感を感じるようです。さらに、女性用下着特有の肌に優しく馴染む生地を好んで着用したり、男性にはない色やデザインが好きで着用する人もいます。

下着を着けるのが好きな人は、幼い頃から着用している人がよく見られます。最初はショーツを穿いて生地の柔らかさや身体を適度に締め付ける感覚を味わい、しばらくしてブラジャーを着けてみると、こちらも胸を守られる感覚が心地よく感じたという意見があります。
女装アイテムを販売しているショップには、「男性用ブラジャー」が存在しますが、そちらを選ばずにあえて「女性用」として売られているものを着用することにこだわりを持っているようです。

鏡の中で楽しむ、化粧(メイク)とウィッグ(かつら)だけの女装

メイク道具とウィッグを使って自宅で女装する人は、それを写真に撮って個人で楽しんだりSNSにアップしたりしているようです。メイク道具も最近は100円ショップで一通り揃いますし、雑貨店に行けばウィッグも安価で売っているので、女装の第一歩としてもおすすめです。
メイクをする時には、ネットで検索して見よう見まねで行うことがほとんどだと思いますが、最初のうちは上手くいかないものです。しかし、「メイクをしている」という行為が楽しくて写真を撮ってしまうといった意見も聞かれます。覚えたての頃から撮影して、自分のメイク力の向上を目で確認できるのも楽しみの一つです。
実際にメイクをして、ウィッグを被ってみると、今までの自分ではないという気持ちが高まって、さらにきれいになろうと努力するでしょう。メイクの勉強ばかりでなく、自分に合った髪型をチョイスしそれに合う服などを探し出せれば、もう立派な女装家です。

何と言っても、まずは顔を作ることを始めましょう。メイクのコツも回数を重ねていけばわかるようになりますし、自分の顔に合ったメイクを見つけることができるでしょう。練習あるのみです。

全身を女装でコーディネイトしてみる

顔をメイクできるようになれば、やはりそれに合った服を探してみたくなるでしょう。雑貨店などには、パーティー用の女装グッズが置いてあったりしますが、きっかけとしてそれを着てみるのもいいですし、今ではネットショップで一式手に入れることも可能です。

女装と言えばやっぱりスカートです。特に制服系は昔から根強い人気です。セーラー服やアイドルの衣装のような制服なども、探せば男性サイズがあります。制服系以外でもメイド服なども人気です。ひらひらとしたスカートや、女性らしい可愛いデザインは見ているだけでもわくわくしてしまいます。

アニメ好きな人は、キャラクターのコスプレ衣装を買ってみるのもいいでしょう。そのキャラクターに合わせてメイクの練習をすることによって、メイク技術の腕がぐんぐん上がっていくでしょう。
全身の女装には、ちゃんと靴下や靴、小物までそろえればなお完璧です。全身が出来上がったらぜひ写真に残しておきたいところです。

女装の楽しみ方

女装は基本的にどこでも楽しむことができます。「絶対に家の中でないといけない」なんてことはありませんので、自分の思うまま女装を楽しみましょう。当然のことながら、モラルやTPOはしっかり弁えておくことが大切です。

まずは室内で女装を楽しんでみよう

室内での女装は、他人の目を気にすることなく行えます。特に一人暮らしの男性であれば、カーテンを閉めてしまえばだれにも見られることなく堪能できるので、絶好の練習場です。

こっそりとメイクの練習をして鏡の前に立ってみるのもどきどきします。初めてであれば、簡単なメイクでも感動を覚えるでしょう。また、スカートなどを履いた姿を確認するには姿見が一番です。しかし姿見がない場合は、スマホのカメラが役に立つでしょう。セルフタイマーを設定し机などに置いて撮影すると、簡単に自分の姿を確認することができます。

撮影したら誰かに見て欲しくなるのも心理です。そんなときに便利なのがSNSや掲示板です。個人情報が映っていないことを確認してアップしてみればアドバイスをもらえるかも?
自宅での女装がだんだん慣れてくると自信が付いてくるので、今度は外に出て自分の女装力を試したくなるとことでしょう。女装を披露する機会は意外とたくさんあるのです。

女装して外出を楽しむ

自宅だけで楽しんでいる女装では満足度が低くなり、外に出てみようと思ったら万全の対策をしましょう。特に今まで他人に見てもらったことがない人は、自分の女装姿に対し自己判断がしにくくなっています。そのためにも、誰かに見てもらってアドバイスを受けるのも大切です。

女装は個人の嗜好ですので、「こうあるべき」という設定はありません。「女性の服を着るのが好き」なだけであれば、気の向くまま外に足を延ばしてみましょう。
女装家には、女性に擬態しているように、レベルの高い人がたくさんいて、街中に出ると男性から声をかけられたり、女性向けのセールスを受けたりすることもあると言います。女装の醍醐味は、そういった部分にあるのかもしれません。「僕の女装は女性に間違われるほどクオリティが高いんだ」と満足感を得るでしょう。
自分を女性に仕立てる行為は一種の作品制作ですので、それを認められるのはとても嬉しいはずです。

女装した自分の画像を残したい

女装を極めた人の中には、綺麗にメイクして顔を写真に撮り「いかに女性のように写るか」を研究している人がいます。鏡で見ると男性にしか見えないのに、カメラの角度によっては女性に見えるのは楽しいものです。スマートフォンのカメラは、鏡とは違い、特殊なレンズですので、骨格すら変わって見えることがあります。そうしたいわゆる「詐欺写」を撮るのも楽しみ方のひとつです。

詐欺写をするときは、スマートフォンに搭載されているカメラの性能よりも、加工アプリの方が重要になります。アプリの種類を調べると、現在は写真を加工するアプリがたくさん出まわっています。肌を白く見せたり、目を大きくしたり、いつも以上のメイク効果を追加したり、髪型を変えたり、顔をほっそりさせたりなどの写真加工が簡単に行えるのです。写真自体に効果をつけることで、なんだかプロが撮ったポートレイトのような雰囲気のある写真を作ることも可能です。「自分じゃないみたいな写真」を作りたい人は、アプリの研究も欠かせません。

女装スタイルを写真に撮ってSNSに投稿

上手に女装ができた時は、やっぱり誰かに見てもらいたいものです。そんなときにSNSが役立ちます。Twitterやフェイスブックなどがありますが、気軽に始められるのはTwitterです。写真をアップして、こだわりなどを書き記したり、自分用のメモにしても良いでしょう。SNSは自分の写真を上げるほかにも、ほかの人の写真を見ることもできます。Twitterで検索をしてみれば、女装を趣味にしている人はたくさんいますので、仲間を探したり、目標とする人を探してみるのもいいでしょう。

コスプレがきっかけで女装を始めた人は、女装コスプレを楽しんでいる人のSNSを見てみると、本物の女性にしか見えない人が多くいますので、参考にしてみるのもいいでしょう。さらに、わからないことや工夫の仕方などを質問すると、答えてくれることもあるでしょう。その時には、いきなり話しかけるのではなく、挨拶をきちんとすることが大切です。SNSとはいえども、人と接しているわけですので、マナーをしっかり守って節度ある女装ライフを楽しみましょう。

男性が女装を始めた理由

何事にもきっかけというものが存在します。男性が女装を始めるのにももちろんきっかけがありますが、どんなことがきっかけで女装を始めたのか気になるところです。幼少の頃に目覚めた人もいれば、年齢を重ねてから目覚めた人もいます。

身内の女性の影響で女装に目覚める

女性のきょうだいが居る人や、姉ばかりの末っ子に育った男の子は、女性に囲まれて育ったことで、趣味も女性寄りになることがあるようです。その中でも、幼少の頃から顔立ちが可愛いからと女のきょうだいとお揃いの服やお下がりを着せられることで、女装をすることに抵抗がなくなってしまうのも理由の一つです。

また末っ子の場合は、女の子が欲しかった母親や祖母から長年女の子の格好をさせられ、女装と同時に小物やアクセサリー、メイク道具などに明るくなり、そのまま受け入れてしまうことも多いようです。そのため、年齢を重ね大人になっても女性向けのものでなければ落ち着かないという事が起こってしまいます。だからと言って、女性のきょうだいを持つ男性が全てそうなるとは限りません。学校に通うようになり他の男子と付き合っていくうちに、女子のものよりも男子の持ち物に興味を持つ人もいるし、女性向けのものの方が好きな人もいます。そのまま大人になって、なにかのきっかけで女装を経験し、とてもしっくりするのを感じてそのまま女装を趣味にした、なんて話もよく耳にする話です。

近所のきれいなお姉さんに憧れて女装したくなった

子どもの頃は、年上のお兄さんお姉さんが素敵に見えるもので、特にお姉さんにはあこがれが強くなる傾向にあります。学校が一緒で優しくきれいなお姉さんがいれば、恋心ではなく強く慕ってしまうのでしょう。

人は、好きなもの、憧れるものを自分に投影する習性があると言われています。よく芸能人のマネをする人を見かけますが、あれも自己投影なのです。それと同じく、綺麗なお姉さんが身近にいれば「ああなりたい」と思いマネをしたくなります。一番マネしやすいのはやっぱり外見です。スカートをはいて同じような髪形をすることで、憧れの人に一歩近づいたと思い、女装を始めるのです。

子どもの時に感じたものは大人になっても根深く残っており、意識をしていなくても近づこうとするようです。それが、女装へとつながっていくのです。大人になれば、金銭的にも手に入るものが増え、それを応用しながら女装が上手になっていきます。知らず識らず、憧れていたおねえさんのようになっていくことで幸福感と充実感を味わうようです。こういうきっかけの人は、子供のころからこっそりと女装を楽しんでいる人も多いようです。

失恋や女性と上手く話せなかったギャップで女装した

こちらのパターンは、結構年齢を重ねてから女装を始める人によく見られるものです。その原因は子どもの時にさかのぼります。女性と話すのが苦手で、どうにか克服したいとまずは女性の気持ちに近づく努力として女装をしてみるということがきっかけです。女性にこっぴどくフラれてたり、トラウマになるほどの失恋をした男性の中には、自分が女性になることで「男としてのトラウマ」を払拭し、自己防衛に走る人がいます。女性に「男のくせに~」と怒られ性別を否定されてしまうと、自分の魅力がないのだとマイナス思考になってしまいます。

女性になれば、男性として傷つけられることもないので安心できるのです。これは意外と効果的な方法で、女装をすることで気持ちが軽くなったり、女性とも安心して話すことができるようになった、という報告もあります。今まで女性が苦手だった人も、女装をしてみれば道が開けるかもしれません。

純粋に女性になりたかったから女装してみた

女性は男性にとって常に憧れの存在です。「傾国の美女」なんていう言葉があるほど、女性は男性に大きな影響を及ぼしています。そんな憧れの女性に近づきたい、自分も女性のようになりたいと思った時、初めにする事は見た目を変えることです。女装することで自分が女性であるかのように振る舞い、自尊心を高めていくのです。

ほかにも、女性の「かわいらしさ」を自分に求める人もいます。人間は異性よりも同性の方に偏ってまとまりがちですが、個人個人個性を持ちそれぞれの思考がある中で男性なのに「男性は嫌だなぁ」と感じ、女性になりたいと願う人が出てくるのも当然の話です。女性特有の柔らかくて包み込むような存在になりたいと願い、女装して女性近づきたいと思う人もいます。そのきっかけのほとんどが子どもの頃にあるようで、特に思春期には女性と男性が明確に分かれて人生を歩みます。その際に男性だけど女性の気持ちを持ち、その狭間で揺れ動く悩みを持つ男性も少なくありません。そこで女性を選んだ人は、女性としての嗜好で人生を歩むことになり、当然女装するようになります。こうした気持ちはGID(性同一性障害)でなくても起こりうるのです。

女装メイクと女性メイクの仕方は違う

女装をするときに参考として女性向けのメイクサイトを見ることがあるでしょう。その時に「見ている通りにしているのに全然うまくいかない」という経験をします。女性と男性では土台である骨格から違うので、女性の方法では上手くいかない場合があります。男性には男性に合ったメイクの方法があるのです。

フェイスラインが目だって女装メイクがうまくできない

女性と男性の顔を見分けるとき、人間は意識をしなくても骨格で判断しています。個人差はありますが、平均でも女性の顔は肉付きが良く丸みを帯びています。それに対して男性は、顎が平らで頬がシャープです。また、女性と違ってえらの部分が角ばっています。イラストで男女の描き分けをするときには、「女性は丸い卵形で、男性は四角くや野球のベース型」と言われているくらい大きな差があるのです。

女装メイクをするときには、ほとんどの人がどうしてもフェイスラインで男性っぽさが出てしまいます。頬骨が高く、顎が平らになっている人は、それをカバーする必要があります。撮影の時は頬に綿を詰めている人もいますが、日常的にそれを行うのは大変です。

フェイスラインをごまかすためのメイクとして有効的なのは、シャドウを使いこなすことです。ブラウン系のシャドウを使い、エラの部分や角ばった顎の部分に影をつけていきます。顔の中心から離れるほど濃い色にグラデーションを付ると、ウィッグの影も合わさって丸みを帯びた女性らしい小顔のフェイスラインを作ることができます。

ヒゲを隠すための下地で女装の質が変わる

男性にはつきものの「ヒゲ」。立派に蓄えれば、男らしく見せることができますが、女装にとっては邪魔者です。ヒゲの濃い人は女装をするときにも処理に困ってしまいます。せっかくきれいにメイクをしたのに、うっすらとヒゲの跡が見えてしまったら台無しです。男性と女性の大きな違いの一つには、ヒゲがあります。このヒゲをうまく隠すと女装のクオリティがぐんとアップします。

ヒゲはカミソリを使って丁寧に剃りましょう。抜く方法もありますが、痛みが強いのであまりお勧めはしません。メンズエステでヒゲの脱毛をしてくれる場所もありますので、お金に余裕がある人は調べてみてください。

剃った後を隠したいのであれば、コンシーラーを使います。元々は、ニキビ跡や、クマを消すためのアイテムですが、ヒゲにも効果的です。コンシーラーは塗装剤のようなもので、上から塗って物理的にカバーします。その上からファンデーションを上塗りすることで、ヒゲの跡をすっぽりとかくしてしまうのです。コンシーラーの注意点は、肌の色に合ったものを選ばなければファンデーションを塗ってもコンシーラーの部分と塗らない部分の色が違い、顔の色が一部斑になってしまうことと、いくらカバーすると言っても、ヒゲが生えてきてしまえば意味はないということです。長時間女装をする人は、脱毛サロンに行くか、毛抜きで一本ずつ抜くことをオススメします。

アイメイクで女装のグレードアップ

女性も女装もメイクの中で一番重要なのが「アイメイク」です。人間の印象は顔で決まると言いますが、さらに突き詰めていけば、目の印象で変わります。ぱっちりとした目であれば「可愛いな」、切れ長の目であれば「美人だな」という印象を与えます。

男性の場合、女性に比べてまぶたに脂肪が少なくくぼんでいるので、女性と同じアイメイクをすると濃すぎてけばけばしい化粧になります。ポイントは眉と目の幅と自分の目の深さを知り、それを生かしたメイクをすることです。女性の場合、シャドウなどを使って鼻筋をつけたりしますが、男性の場合、もともと鼻筋が通っているので、アイメイクだけに特化した方がいいでしょう。

アイシャドウはその日に着る服などに合わせて色を選びますが、あまり奇抜な色を選んでしまうと、そこだけが悪目立ちしてしまう可能性がありますので、ウィッグや自分の顔の色、口紅、服とのバランスなどを考えてアイシャドウを決めましょう。

つけまつげなどはさまざまな長さや量がありますが、自分の目に合ったものを知るためにも、各種揃えてみるのもいいでしょう。細い目が気になるのであれば、二重にするノリやテープなどもあります。目の印象が変わるとそれだけで女装がぐっと華やぎます。

現在のカートの中身

只今、カートに商品はございません。

(カゴの商品数:0種類、合計数:0)
クレジットカード

お客様情報

こんにちわ
ゲスト様
ようこそいらっしゃいませ 会員ログイン

はじめてのお客様 新規会員登録

TLショップ最新ツイート

ツイート一覧

商品カテゴリ

  • 化粧品セット
  • 全身コーデセット

安心の配送

新規入会メリット

ポイント
Tslove

はじめてのお客様 新規会員登録

営業日カレンダー

今月(2017年3月)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
翌月(2017年4月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
(      発送業務休日)